HOWるぞ!

「スピード違反?そんな速度出してないやん! そんないい加減な取締りでええんかあっ!!」事件、
H18年度末でカタがついちゃいました♪
カタがついた傍から別のターゲットが・・・みんなの敵・マルチ商法
ニューウエイズあたりは売上前年比40%ダウンだそうで、
マルチ市場も急速に収縮していて、うれしいことですね。
内なる声のままに吼える吠える。
ついったーでもcatkojiroで探してね♪ つぶやいてるぞ!

経皮毒

シャンプーの好みは人それぞれ、でも・・・

少し古い記事なんですが、ビジネスジャーナル(2013.06.22)より抜粋。


 【シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も】

・・・ ただし、検索時に注意をしたいのが、この高級アルコール系洗浄成分を「経皮毒」と呼び、悪魔の成分のごとき大バッシングをネット上で演じているオカルトめいた人たちの存在です。彼らは、マウスやラットの実験で、信じられない量を服用させたり塗ったりして、わずかに見られた毒性のデータを、鬼の首を取ったかのように大騒ぎするエセ科学みたいなもの。その上、通常のアミノ酸系やセッケン系シャンプーを「当社の特別な云々……」とスペシャルぼったくりプライスで売りつけるマルチ商法につながっていたりして、マッドサイエンティストをやってる自分でさえ、閉口ものの暗愚魯鈍どもなので、信じてはいけません。見てはいけません。目が腐ります。・・・


出ましたね、経皮毒w

ニューウエイズが、この似非化学ワードを乱用乱発のあげく業務停止となり、現在は2006年のピーク売り上げ670億の1/4程に激減してしまったのは記憶に新しいところです。

一般の方(マルチ商法に毒されていない方)は、この記事を読んで理論武装しましょう。

シャンプーが合う合わないなんて本当に人それぞれです。

「ピリピリするんだけど?」

-「それは最初だけよ、使ってるうちに良くなるわよ」

こんな戯言を信じてはダメ!

所詮相手はマルチの素人売り子です。
責任なんて絶対取らないので、異常を感じたらすぐ使用を中止して返品しましょう! 


ちなみにアムウェイのサテニークもこの程度の評価です。

アムウェイ サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー
成分評価:星ひとつの最低ランク

・相当に強い脱脂力と、刺激性も高い内容でダメです。
浸透して悪さをするレベルの脱脂性と、刺激性が嫌ってほど楽しめるダメシャンプーです。


@コスメより 

・このシャンプーに変えてから頭皮のかゆみが酷くなりました!!慣れるまで時間が多少かかると言われ頑張って使ってみましたが痒みは酷くなるばかり。

・界面活性剤を使っていないから、あんまり泡立たないかも」とかも言われましたが、これは全くのウソ。界面活性剤はバッチリ入っています。

・初めはすごくいいなと思ったんですが、使い続けるうちに、髪がバサバサになってきたようで、枝毛と抜け毛が増えてきました(泣)目もすごくしむくなります(>_<。)成分も大丈夫なんですかね?何だか不安になり捨てました。私にはあわなかったみたいです。



 それでも使ってみたいという奇特な方は、どうぞ勝手にしてください。
お金を溝に捨てるようなもんですけどねwww 

それこそ 経費毒 、ですがな・・・

お後がよろしいようでw 

「お産はデトックス」で経皮毒でホメオパスでEM菌な医者はどうかとw

たまたま仕事場でwやまもといちろう氏(既出)のブログを斜め読みしていたら、

私の邪心の琴線に触れるキーワードてんこ盛りだったので、ここに紹介しておきますw

田中佳さんという不思議な医師の奇妙な言説に関して」 

【超引用】※太字は[田中佳先生のブログ]からーの引用の引用ですw

・ お産は最大のデトックスと言われています。
・どうもこの田中佳さんは、日本の消費者庁や消費者団体がそれなりに本件について議論していることすら知らないようであります。 
・ 経皮毒って知ってる?
・ で、恐怖新聞さながらにサイトを読み進めていくと「2014年4月からホメオパシーの学校に入りまして、ホメオパスを目指しています」とか書いてあるんです。ちょ、ホwメwオwパwスw
・さらには、田中佳さんはEM菌までご愛飲とのことで、ある意味でそっち方面のフルコースを満喫した気分になれるわけなんですけれども、もはやこれは武雄市送りにしたほうがいいんじゃないかと思えるほどの逸材だと認定できると思います。


あわわわわw


超絶あかん人やわw


今回については、過去の確執を投げ捨て、やまもといちろう氏のご慧眼に心服つかまつりました。
よく見つけてきますな、こんなイタい医者w

クレバーな読者の方は先刻ご承知でしょうが、「経皮毒」 はニューウエイズ(死亡寸前)というマルチ会社が、不安を煽る勧誘販売トークに多用し、業務停止の引き金となった似非医学 キーワードです。



しかーし!!・・・・私が一番イタいと感じた部分は ・・・

自分の書いたブログ(?)なのに、

な、なんと!



田中佳先生のブログ

と題付けしてしまう(もしくは誰かがとりあえず仕立ててくれたかもしれないけど直そうとしない)センスに

脱毛です!いや脱帽ですw ヲイ

先生と、呼ばれるほどの馬鹿でなし 
お粗末様でしたー 

 

マルチジャンキーの戯言「経皮毒」

人気ブログランキングでcatkojiroは何位なのか! 気になる??

実は先ほど、「警視庁失踪人捜査課」について書くよ、なんてmixi&ツイッターで宣言しちゃったのですが、またアホなマルチジャンキーが聞き捨てなら無い事を書いていたので、シリアスなセクスィー部長wについてはまた後日!
ごめんね♪

さて、自称作家であり自称業界通某U氏は、mixiの日記でこんなことを書いています。

福知山線事故から早くも5年
早いもので、107人の犠牲者を出した福知山線脱線事故から5年になります。

・・・

あれ以来、快速や特急等、速度の出る電車に乗るときは3両目から後ろを選ぶようにしています。 
どこでどんな災難に出くわすかわかりません。

・・・

これはなにも事故に限った話やありません。 
ガンになるかも知れないと言われてるのだから、タバコは吸わないようにする。 
体に悪いかも知れないと言われてる物資があるのなら、できるだけ体に入れない。 
経皮毒なんて言葉もあります。 
皮膚から有害物質が浸透して悪さをするとかしないとか。 
実際はどうなんかようわからんけど、悪いと言う専門家がおるんやから、避けられるもんから避けていったほうがええんやないかな。 
「かも知れない」んだったら避けたほうが賢明です。 
でも、経皮毒は間違いなくあると思うよ。 
だって、いま膝に貼ってるモーラステープにこう書いてあるもん。 
「経皮吸収鎮痛消炎剤」 
体にええ有効成分が皮膚から浸透するのに、悪い有害成分は浸透しないなんてことはあるわけがないし、ないと思うやつのほうがアホですよ

・・・




言うに事欠いて、福知山線事故をきっかけに「経皮毒はある」、なんてことを書きくさってます。

ご存じない方のために・・・

経皮毒、をググってみてください。

Wikipediaにはこんなことも書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E7%9A%AE%E6%AF%92

「皮膚は外界から体を防御するバリアであるため、普通は何らかの物質が皮膚から容易に吸収されることは無いと考えられている。しかし場合によっては、皮膚から吸収された物質が何らかの影響を与えるケースは存在する。」・・・上記より抜粋

私も毒性のあるものが、皮膚から吸収される可能性を否定するものではありません。
しかし、以下をごらんください。

「平成20年2月20日、経済産業省は、経皮毒という用語を用いて他社製品の不安をあおり自社商品購入の勧誘を行っていた事業者に対して、特定商取引法第34条第1項第1号(商品についての不実告知)を適用し、業務停止命令を行っている。経済産業省が発表した文書のなかで、当該部分は以下の通りである。

4.行政処分の原因となる事実----

(2)商品についての不実告知(特定商取引法第34条第1項第1号)

同社の勧誘者は、他社の製品は有害で同社の商品のみが安全であるという事実がないにもかかわらず、「経皮毒という言葉を知っているか。皮膚を通じて体内にたまる毒のことで、市販の台所用洗剤に含まれている。」と告げたり、経皮毒の健康被害について説明するビデオやDVDを見せたり、「一般に市販されている洗剤メーカーなどの商品を使っていると、将来私たちは癌になる。ニューウエイズの商品はすべてナチュラル成分でできていて、化学物質を使っていない。」、「ニューウエイズの商品でアトピーが治る。」と告げたりするなど商品の品質、効能について不実のことを告げて勧誘を行っていた。



経皮毒、という言葉を巧みに使って、市販されている日用品に対してさも危険があるように錯誤させ、業務停止になった会社がありました。
その名前は「ニューウエイズ」と言います。
(ニューウエイズ製品にも市販品と同じような成分が含まれていますし、アメリカでは劇毒のシアン化合物が混入していたような会社ですw)

そしてまた、最近ではマインドコントロールセミナーで死者をも出てしまったのが、この会社の過激グループでした。

自称作家の、マルチジャンキーであり、ニューウエイズの販売員&勧誘員であるU氏は、業務停止の元になった「ウソ=不実」をまたもや流布させようとしているようにしか見えないんですがねぇw

経皮浸透薬の成分と、シャンプーの成分が同じ時間だけ同じように肌に付着している、と考えたり、その成分の分子サイズが同じだと考えるくらいの普通でない知能しかないんでしょうか?
自称作家さんにおかれましては・・・

経皮毒がある、なんて断言しちゃったりして大丈夫?
学会では否定されてるみたいですけど?

私の考えは、
「体に害のあるものも皮膚を通して吸収されるかもしれないけど、普通の量であれば体外に排出されちゃうんじゃないの?人間の体の仕組みってそういうもんでしょ?水銀や鉛を皮膚に貼り付けてるわけでもあるまいし」

あっ!もしかして、天然パーマを治すために、リンスを一日中頭に振り掛けているので、そういうことに敏感なのかな???wwwwwwwww



さて、皆さんはどのように思います?



ちなみにこの自称作家さん、
「マルチをやるならニューウエイズしかない!」と断言した本を2006年に書いておりまして、調子に乗って2作目を出した2008年には上記のように業務停止をくらい十数%の売上ダウン、翌2009年には40%ダウン(推測)という見事な未来予測をされる方です。


人気ブログランキングでcatkojiroは何位なのか! 気になる??

プロフィール

猫小次郎

記事検索
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ