Twitterでアムウェイ信者・アムウェイ廃ピン(上位会員ねw)を定期巡回していますと、

時々(しょっちゅう)おバカネタにぶちあたります。

カモをたくさん騙しているだけあって、アムウェイ廃ピンたちの尻尾はなかなか捕まえにくいのですが、

そこはそれ、やっぱり人間だけあってボロは出るのですねw

このツイートをご覧あれ♪

amway-baka

本人がどういう意図で書いたかは一目瞭然ですなw

「トリクロサンは危険」「このリストにあるやつは危険」 →(アムウェイの商品はないから安全!)

なーんていう浅薄な考えで載せたかと思うんですよ。

しかしね、アムウェイ社の製品はほとんどがOEM(おそらく完全自社製造はゼロ、子会社・関連会社製造はOEMと見做す)ですから、アムウェイ社の薬用せっけんもおそらく同じ成分「トリクロサン」 を使ってないはずはないと思いましたら案の定wwwwwwww

toricrosan

本家ではこの通り成分表示が誤魔化してありますが、
https://www1.amwaylive.com/shopping/ECA001101.do?param09=000570

アウトレット通販・アイナチュラではバレバレ
http://inaturainc.com/index.php?dispatch=products.view&product_id=4877

■ 成分

特徴成分:
複合植物保湿成分:PEC5(Plant Extract Complex)*
*肌の健康と密接に関わる皮膚のバリア機能に着目した成分。5種類の植物由来成分:メドウフォームオイル、シアバター、サフラワーオイル、レシチン(大豆由来)、スクワレン(オリーブオイル由来)からなる複合植物保湿成分です。

成分:
・有効成分:トリクロサン・その他の成分:精製水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、PG、アルキル(8〜16)グルコシド、ラウロイルサルコシン塩、ラウリルジメチルベタイン、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ポリオキシエチレンジオレイン酸メチルグルコシド、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、香料、塩化Na、クエン酸、水酸化ナトリウム液、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、サフラワー油、メドウフォーム油、スクワレン、レシチン、シア脂


 あーあ、す○きや○たかくん、やっちまったなぁw

「アムウェイのサテニーク・薬用ハンドソープにもトリクロサンが含まれていて危険だ!」という自虐ネタを呟いてしまったのかーw

この方、ハンドルがYA☆CAとか称してるんでCAなのかと思いきや、どうもエメラルド程度(収入は中堅サラリーマン程度)のようですね。

ホザイテルことも中途半端でお粗末極まりないです。 

興味があったらウォッチングリストに入れておいてくださいw

迷言(どの口が言うー!レベル)+プロレス+韓流アイドルなので全く役に立ちませんが、アムウェイ廃ピンでもこの程度、という「くだらないレベル」を推し量るにはちょうどいいかと。

山崎パゲ巳くんにおかれましては、ほとんどアムネタを呟かないですしね。
よっぽど収入が減っているのか、一般セミナー &駄本宣伝ばっかりですからw


本日はこの辺でー プププ

★平成28年(2016年)9月21日追記:
アムウェイ社発表でこんなニュースがwww
今までこんな危険な成分入り商品を販売していたんですねーw

米国食品医薬品局による殺菌剤入り石鹸製品の販売禁止について

米国食品医薬品局(FDA)は9月2日に、米国で販売されている19種類の殺菌成分(トリクロサン、トリクロカルバンなど)を含む石けん・洗浄料製品の販売禁止措置を発表しました。

【該当成分が含まれるアムウェイ製品】
発注番号6013 サテニーク ボディシリーズ 薬用ハンドソープ(トリクロサン配合)
発注番号6027 サテニーク ボディシリーズ 薬用ハンドソープ つめかえ用(トリクロサン配合)

https://www.amwaylive.com/content/asia-pac/japan/amwaylive/news/business/news_business_fda_160909.html