前回のアジェンダに続き、今回は色々と調査した内容を纏めておきます。

現在のDDデモのスタンダード:スプーン上・スポンジで攪拌しかし中国語ですw



アムウェイのディッシュドロップは分解性が高い? 

「・・・市販品の洗剤も、希釈するとディッシュドロップと同じように作用する。 そして、ディッシュドロップも原液で使うと、市販品と同じ作用をする。・・・」
このHPの作者も実験したようです。

私もアムウェイ・ディッシュドロップ8倍希釈液は手に入れていますが、さらに原液を手に入れて、
1.原液同士
2.8倍希釈同士
3.一般洗剤8倍希釈vsDD原液

で比べてみようと思います。

また、アムウェイ社が「通常の使用法をシミュレートし比較デモしている」というなら、
私の場合、いつもスポンジに含ませている水の量(今日量ってみましたら約60cc)にいつも使っている洗剤原液10滴(約0.06ccx10=0.6cc)を入れた状態=一般洗剤100倍希釈とDD8倍希釈液との比較が公平だと思われます。
近日中にデモ動画のアップを予定しています。

この実験はそういった見かけの差を利用した悪質な「嘘」なのであって、もし、仮に貴方がこの話を信じてアブダクティに同じ珍証を行った場合、特商法上の「不実の告知」に該当し、最悪の場合懲役を含めた「刑事罰」を課せられることを覚悟しておくべきだ。(念のためにいっておくけど、不実の告知は「窃盗」や「詐欺」と同じ「刑事罰」だからね。駐車違反なんかと意味は違って、捕まって実刑となれば一生後ろ指を差されながら生きていくことになるよ)

私と同じ意見ですねw 安心しましたw


今も昔も同じデモ。「ディッシュドロップ」編。

私が前回載せた動画と同じデモですね。
この頃(恐らく10年近く前?)は、まだまだ「鏡に滴下&指で攪拌」バージョンです。
HP作者に
「では質問します。今のデモの意味は、ディッシュドロップの優秀性を示す実験ではなくて『市販の洗剤は水で薄めて使え』という教訓なのですよね?」
と問われ、アムラーは何も答えられないところが「いとおかし」です。


電総研(現・産総研)勤務の方が問うディッシュドロップの安全性
 
これも14年前のデータですが、既にインチキデモをやっています。
「* 鏡に油を垂らして、それぞれにスクィーズボトルに薄めたディッシュドロッ プと市販製品を垂らす。指で混ぜて、水で流す。ディッシュドロップだけ すぐに流れる。市販製品もスクィーズボトルで薄めれば実は同じ効果が得 られる。 で、これは、ディッシュドロップの優秀性を示すための実験ではなく「洗剤は 薄めて使うのが良い」という実験だそうです。ディッシュドロップを売りたい (売る人を探したい)くせに、意味不明ですね(^^; これも、何らかの「誤解」を積極的に狙っているのでしょうか。」 

この時は一般洗剤も希釈していたんですねw
いつから「一般洗剤を原液で」使っちゃうようになったんでしょう?
理系のプロ(電総研といえば、物理化学工業系のトップクラスの英知が集結しています)がおかしいと思うデモを、アムウェイ社は堂々と推奨しちゃうわけですねw
ご苦労様です。


「実験」でだまされる

2005年のエントリーで「約20年前」と書いてらっしゃいます。
「ガラス板に2箇所、食用油を落とす(各2滴くらいだったかなあ)。
片方に市販の台所用洗剤の原液をたらす。
これを指でかき混ぜるとクリーム状になってガラス板にべったりとついている。
もう片方にはディッシュドロップを水で規定濃度に薄めたものをたらす。
こちらは指でかき混ぜるともう少しさらさらしている。
両方に水をかけると、市販洗剤の原液のほうはクリーム状のものが残るが、ディッシュドロップ薄め液のほうはきれいになっている。
ここから、「市販の洗剤が原液でも落とせないものを、こんなに薄めても落とせるディッシュドロップはとてもお買い得」という結論を導き出す。

このトリックは簡単です。洗剤というのは油と水とを結びつけるもので、だから油が水で洗い流せるわけですから、水なしでクリーム状にしちまったものは、改めてしっかり水と混ぜてやらなきゃ流れないのです。私は実際に試していませんが、市販の台所用洗剤も規定の濃度に薄めれば同じように洗い流せる筈、ということです。」 

既に25年前からこのインチキデモをやっていたようです。

「少なくとも15年位前」から、一気に「少なくとも25年以上前」に年数は伸びました。
25年以上消費者を騙し続けているインチキ特商法違反デモ、悪質ですねぇ・・・


アムーde離婚:ディシュドロップデモ

mixiにもいらっしゃる方のブログより。

「鏡に油垂らす

ディシュドロップ(アム洗剤)かけると ザバーって汚れ落ちる

市販の洗剤かけたら ドロドロして水かけても落ちない

アム洗剤サイコーでしょ?

な一連のお遊戯鑑賞

知らない奴は今時殆ど居てないと思うけど一応トリックの説明しときます
予めアム洗剤は水で薄めておきます市販洗剤は原液のまま使用します。
トリック説明終わり たったのコレだけ(笑)

あたりまえだけど 市販洗剤は水分ないんでドロドロになりディシュドロップは水分含んでるんでザーーっと洗い流せます。
逆にすれば(アム原液市販洗剤水で薄める)アムはドロドロ市販洗剤はスッキリ洗い流せます。


普通の化学的知識(高校程度)がある方なら、一発でわかるトリックです。

極小水分+原液+油べっとり乳化すすぎにくい

極小水分+8倍希釈DD(少なくとも水分は原液の7倍含有)+油洗浄効果ありすすぎやすい

Kさんのツッコミが面白いので、他のエントリーも読んでください♪


アムウェイ体験記

『「アムウェイの製品って、環境にも配慮しているんだよ。この洗剤、『ディッシュドロップ』って言うんだけど…」

と言いながら、鏡を取り出し、サラダ油を2ヶ所に垂らして、市販の洗剤と水で薄めたディッシュドロップを垂らし、指で混ぜて水で流しました。

「ほら、アムウエイの方は、すぐに流れるでしょ? 普通の合成洗剤だと残るんだよね。これって、体内にも残るっていうこと。恐いよね~~」

ここで、私はやっと我に返ることができたのです。

理系人間をなめるんじゃない。

「でもさー、それだと公平な実験じゃないよね。普通の洗剤の方も薄めてみなくちゃ、比べることにならないよ。ほらっ、普通の洗剤でもさらっと流れたよ^-^ ごちそーさま。私、帰るね。みんなはどうする?」

ってな具合で、皆で退散することができました。

その後も、その友人は同窓生を誘いまくっていたようですが、この日参加していた人で注意報をまわしていたので、被害にあった人はいないと思います(多分)。

その友人は、いまや同窓会にも来れない状況です。』

その通り!理系を舐めるんじゃない! トコトン追求するぞ!


私とアムウェイとナイフ

物騒なお題ですが、それほど憎憎しいという感情の現れですね。

「鏡の上に油を2滴垂らす。ひとつの上には水で薄めた「ディッシュドロップ」をたらし、もうひとつには市販の台所用洗剤の原液を垂らす。それぞれを混ぜ合わせて、鏡を傾けると、「ディッシュドロップ」の方だけ奇麗に流れ落ちる。つまり油を良く分解すると言いたいらしい。(後に2ヶ月くらいかかって、このデモの虚偽の事実に気づく。市販の台所用洗剤を薄めて同じ実験をすると、両者に違いは出ない。)」 

はい、ここでも違いは無いと実証されています。 


・ 外資系の合成洗剤について

私の後輩たちの実験結果のページです。大学名・及び洗剤名までちゃんと出ていますねwww
「D・Dについては、その売り方にも問題があります。B5版くらいの鏡の上に2箇所油をたらし、一方には8倍に薄めたD・D(8倍に薄めて使えと言っています)をかけて指で捏ね、水をかけるときれいに油が落ちる事を見せておいて、もう一方の油には国産台所用合成洗剤の原液をかけ、指で捏ねると白いネチネチのものになり、水をかけても落ちない事を見せます。これは詐欺です。水が無ければクリーム状になり、水をかけたくらいでは取れません。合成洗剤のボトルの裏に書かれている通り、(水1リットルに1.5cc)約600倍に薄めてかけてやれば、そのままできれいに油は落ちます。」 

理系を舐めるな 、がまたでてきましたねw

このページで恐ろしいのは「ディッシュドロップの危険性」です。
前半をお読みください。 

さて、これだけディッシュドロップのデモがインチキだという情報が集まっているのですが、アムウェイさんの意見は変わらず「正しい公平なデモ」だということです。

長くなりましたので、次回はアムウェイさんがご丁寧にも送ってくれた、

アムウェイ ホームケア プロダクト ガイド」のスキャン画像も含めて検証してみたいと思います。 

と、書いたところでP&Gさんからお電話がありました。
「現在、メーカーとして事前希釈を推奨していない関係上、当社ジョイを何倍に薄めるのが適当か、についてはお答えできないが、界面活性剤割合が似たような洗剤同士であれば、同じ倍率で薄めて比較すべきである」という見解をいただきました。

また、「当社ジョイが原液で、他社が8倍希釈のデモでは、著しく公平性を欠くのでは?」とも。

さーてアムウェイさん、どうします?

<続く>